逆転検事2

『逆転検事』の続編。今回、御剣は自分自身の生き方について、大きな選択を迫られることになる。
前作のシステムを踏襲しつつ新たに「ロジックチェス」が追加された。

圧倒的存在感のトノサマンフィギュア

2011/02/09 16:45 に たいちいもむし が投稿

次の日、検事局の御剣の執務室から中編開始。イトノコからの電話で再び留置所へ。
内藤殺害の容疑者らしいんだが…、いや、ムリでしょ。いやいやしかし急に豹変するキャラなんか沢山いたしムムム。
ともかくこのサルワタリくんの容疑を晴らす為に動くことに。ちょっと、検事の仕事かい?
初めの逆転裁判からゲーム上で2年くらい経ってるの?御剣、丸くなったなー。サルワタリの担当弁護士シガラキに頭を下げてまで事件に関わらせてもらえるようお願いするなんて予想もしなかったや。
シガラキが所長を務める「御剣法律事務所」、前所長がみっちゃんの親父さんか。シガラキの言っていたあの人って親父さんの事か。御剣の幼い頃に親父さん死んでるから、仏壇か墓の前で報告してたのかなあ。急にシガラキがいい人に見えてきた不思議!給料の下がり幅がすでに無い刑事さんもいい人なんだけど、情報漏洩させて胸張らないで…。
弁護士助手の名分を得て聞き込み開始。するとブツクサ言ってる妙に着膨れた女性にスクロール。この刑務所所長ミワマリーだそうだ。みまわり?
なんでポニーがいるのかミワの説明で判明。アニマルセラピーねぇ。岩山はサルの山か。動物大好きなのに毛皮のコートってアリ?
事件の第一発見者に聞き込みしにいくところで今日は終了。戦国無双3猛将伝の発売日なのでお店にダッシュしてきます。
←にも付け加えたのでボチボチ記事を追加していきます。

(∪^ω^)「俺犯人かお」

2011/02/08 16:12 に たいちいもむし が投稿

「第二話 獄中の逆転」
OPは刑務所のような所で殺される内藤と口元が血塗れのワンワン。内藤はん、いいキャラだったのに。
内藤をムショにぶち込むための裁判の前日からスタート。面会する為に留置所に来てたのに内藤が死んだせいで捜査することに。
お、新キャラ登場。ジャケットにもいたおっさんですな。名前はシガラキね。この飄々とした感じの性格から、狩魔のじいさんと間違えるのはわざとなんだろうな。余程狩魔か御剣が嫌いらしい。
内藤と話に華が咲くことからみっちゃんが嫌いなのかね。
しかしこの刑務所おかしくね?廊下に岩山…。まあオブジェとしてみるならいいとしよう。ポニーは…。唖然としてたらOPでも出てきた犬まで来るし。
みwつwるwぎww犬と同じレベルで張り合うんじゃあないよww
ともかく周囲に聞き込みを始め、ボクサータイプの囚人をフルボッコに。自分がやったわけではないのにウソをつく理由はなんだろう。逆に疑われるだろ、それじゃあ。脅されてビビるイトノコかわいいw
厳かなBGMと共に再び新キャラ登場。またジャケットにいたひとだ。ミカガミとイチヤナギね。はいはい。
理不尽な理由で事件から外されイチヤナギが担当することに。なんですとー!だから怪しいんだっつーの。裏になんかあるって言ってるようなもんなんだってば!
納得いかないまま前編終了。シガラキの言うあの人ってだれだろ。

その気の込め方を是非知りたい

2011/02/07 16:11 に たいちいもむし が投稿

後編に突入しました。どう収束するのか楽しみですな。
大統領専用機内部を捜査します。機を取り囲む為に警察を召集していたイトノコの努力もむなしく、コロシヤさんに逃げられてしまいました。まあこんな大物、第一話からどうにか出来るとは思いませんがね。
倒れた御剣のスーツが絨毯と同化してて、何処にいるのか一瞬探してしまった。絨毯の色と同じスーツってハデすぎんだろ。
ようやっとお出ましの大統領。大声で丸め込もうとしてまた捜査の邪魔をしやがりますが、ロジックチェスで再び捜査権を奪取。ここまで必死だと怪しんでくださいって言ってるようなものでは。
余りの不審さに暗殺未遂の犯人を探す目的がが大統領の裏を探る事に。これはもしや狂言ってことか。いるいる~、自分の立場を危うくさせて支持を得ようっての。バレたら終わりな諸刃の剣。
大統領の証言の矛盾により一気に内藤が疑わしくなったw気を抜いたらオランウータンみたいになるし、ヤバイこいつ憎めない。
内藤へ追求開始。オランウータンよりも余程手怖い。怖くてベッドの下で耳塞いでプルプル震えてる大統領とかクソ、かわいいじゃねえか!何なんだよコイツはw
外城を殺害した状況を全て暴き、内藤をついに逮捕。第一話にしては君はよく頑張った。ロジック難しかったよ。
そしてコロシヤの存在が気になる中、第二話へ。

ペンギンアイス欲しいです

2011/02/06 15:50 に たいちいもむし が投稿

さて、赤いレインコートを着た人物を追って反対側の客席に移動し捜査を始めます。
屋台下から隠すように捨てられていたレインコートが発見され、更に有力な手がかりを得て捜査終了。事件の裏にヤッパリいる人は、トノサマンバルーン貸してくれただけで今回はいないのだろうか。あのウザイキャラが結構好きだったりするんだが。
レインコートを元に絞られた人物、田中太郎氏…激しく偽名臭い。てか2で出てきた殺し屋じゃない?
余りに怪しすぎるので追求。のらりくらりとかわされるものの徐々に追い詰めていきます。狼狽の汗がアイスから出てるお…。
証言を突き詰めていくと、途端に浮かび上がる別人物の容疑。まさかまさかのノーマークキャラミキコが一気に怪しい人間に。
事件解決に行くかと思いきや、大統領のボディガードが邪魔どころか捜査権まで剥奪してきくさりよった。内藤?ナイトとはこう程遠い容姿なやつだな。
怪しいアイス屋改めコロシヤさんが内藤の命を盾にして捜査が続行出来ることに。余り有り難くない方法だのう。
前編終了で本日はここまで!逆転裁判のキャラクタをただ出すのではなく匂わせるだけってのが、焦れったくて妙に好感持てますねぇ。

何も盗んだことがないけど泥棒

2011/02/05 6:33 に たいちいもむし が投稿   [ 2011/02/05 6:56 に更新しました ]

昨日の続きです。
関西弁で捲し立ててくる女の名は速水ミキコ。事件の取材とか言いながら途中から御剣の取材になっとる。
やけに情報にがめついミキコに口を割らせるためロジックチェス開始。え!?チェスとかマジ知らないんすけど!
進めてみると、チェスの駒に見立てた只の口撃であった。しっかし時間制限あるのはツラいなあ。ほぼチュートリアルな初戦ですら残り時間ギリギリってどうよ。
このチェスの駒は数が増えたりするのだろうか?ナルホドのサイコ・ロックのように難易度が駒の数で上がっていったりして?
まんまと録音された音声を証拠品にゲット。聞き覚えのある声って誰のことだろう。
さて、現場を客席に変え捜査を再開。
ヤラレ役でお馴染みのアウチ検事の姿が。ってさっきの録音された声ってこの人かよー。もうちっと大物期待してたんだけどな。最初しか出てこない彼の出番はこれで終わりか…。
ゴミ箱から犯人が捨てたと思しき銃とメモを証拠品にプラス。写真という良き証拠品を引っさげて、前作から引き続きミクモが登場。
ロジックを纏めて話を進めるわけなのですが、このロジックって難しい時はホント難しいですよね…。直前セーブは欠かせません。
犯人の足取りを追って、捜査現場を客席右側に移動した処で本日は終了。
ジワリジワリと進めていきます。

御剣、再び

2011/02/04 5:50 に たいちいもむし が投稿   [ 2011/02/04 6:23 に更新しました ]

あの男が帰ってきた。その名も御剣怜侍。

はい、前作逆転検事より引き続き主役の座を譲らないフリル検事さんのゲームです。早いもので初代逆転裁判から9年ちょっとなんですね。年を取るわけです。
好きなゲームの一つでして、シリーズ全作は勿論、DS版「蘇る」もプレイしてます。てなわけで、殆ど前情報入れずに新鮮な気持ちでプレイしていきたいと思います。

「第一話 逆転の標的」
タイトルに逆転が入るのはシリーズ通してのお約束。タイトルバックは御剣検事でした。
西鳳民国大統領の来日演説中での襲撃から話が始まります。どえらいゴツイおっさんだな…。これがカプンコクオリティ…。
事件を解決出来るのは御剣しかいないということで召喚されます。
現場はひょうたん湖公園。ヒョッシーの?てか大統領の演説会場に公園?まあ置いといて、暑苦しさの健在なイトノコ刑事と合流して、状況を把握し捜査を開始です。
操作方法を思い出すことで教えてくれる所、相変わらず親切仕様なみっちゃんだ。イトノコ刑事が面白くてついつい関係無い所まで隅々調べてしまいがちになってしまいます。いつも思うけどテキスト量ハンパねーな。
で、さっきからやたら絡んでくる女は一体誰だよ。関西弁のジャーナリストって、一人連想されるキャラクターがいるんだけど。
そして落ちているトノサマン…。ちょw唐突だなあ~。BGMすごい好きですけどね。昔携帯電話の着信音にしてた位に!また話に出てくるといいな。
怪しい場所は調べ尽くし、ロジックを纏めて捜査終了。
さっきから五月蝿い女から話を聞こうかというところで本日は終了。明日へ続きます。

1-6 of 6